FC2ブログ
四季を通して花・風景そして富士山を撮っています。 ドライブ・旅行も好きなので海外・国内旅行などを 楽しんで頂ければ嬉しいです。

コーカサス地方・3カ国~11(アルメリア~ジョージア~成田)

            暴風雨~



台風9号接近中です~



            轟音立てて~風雨が酷くなっています~



              隣の市で避難勧告が出ました~



         リオオリンピックも日本を興奮の坩堝と化すかの様に

       熱戦が繰り広げられ~様々なドラマを見せてくれました~

      4年後の東京オリンピックへ引き継がれますネ~


   高校野球では作新学院が54年ぶりの優勝~おめでとう御座います~






      
         コーカサス地方・3カ国の旅も最終章になります~


     独断と偏見の旅ブログ~片目でサラッと見て頂ければ嬉しいですね~


               7日目(6月19日)

 アララト山は、トルコ共和国の東端にある標高5,137mの山であり成層火山です。

  『旧約聖書』にでてくるノアの箱舟大洪水の後流れ着いたとされる山

  ここにも悲惨な過去があり~アララト山は昔からアルメニア人が居住してきた

  地域の中心であり、アララト山はアルメニア民族のシンボルとされています。

    アルメリア人のアララト山は日本の富士山と同じ様な気持ちですね~


1)アララト山 (ネットより拝借)




6月だったので

アララト山が

こんなに綺麗に

見えませんでした~







     アララト山の麓には数百万人のアルメニア人が暮らしてきたが、

     オスマン帝国末期、とくに第一次世界大戦中の強制移住により

           2)ホテルの前から恥ずかしがり屋のアララト山~















     トルコ領内から数百万人のアルメニア人の人命が失われ、

アララト山麓から旧オスマン帝国領側に獲得した領土はトルコ革命軍によって奪還

3)コーカサス地方最大の湖セバン湖(標高1900m深さ100m)



3日間雨が降り続き

湖の周りに細かい虫が

凄くてビックリ~

階段240段を登り

高台の教会へ~





      アルメニア人ジェノサイドとして国際的非難を浴びたが、

  トルコ政府はジェノサイドの事実を否認しているがこれがアルメニア人虐殺。


               4)セバン修道院 カラヴェト教会



セヴァンの町から

約6km

セバン半島に位置

セバン修道院






 セヴァン湖畔に、9世紀に創建 された幾つもの建物からなる複合宗教施設です。

  5)弟子の十二使徒達の絵           6)聖母マリア祭壇























                              
                  7) ハチュカル墓地
















8)セバン湖の上を飛んで~


アルメリアでは

葡萄=キリストの血

1月6日は

キリストの誕生日

赤ワインで乾杯





          9)小高い丘の2つの教会の横には、6本の木製の柱でできた
            ガヴィト(回廊)の遺跡があります。






   セバン湖と教会









10)アラキャカン教会


ザクロ=豊かを表す

アララト山から

アンズを持って

下りたので

アンズはアルメリアの

象徴



           11)芥子の花が沢山咲いて~



4月上旬に

アゼルバイジャンと

アルメリアの自冶州で

紛争があり~

現在は停戦合意ですが




12)女郎花も咲いていました。



パスポートに

アゼルバイジャンの

スタンプがある事で

アルメリア入国に

時間が掛かりました。




           13)ワンちゃんがセバン湖をバックにモデルです~



メモや資料を

見ながらなので

あっちこっちに

書き込みになり

読み難いカモです~





14)外部を遮断して独自の文化で生活しているロシア人村~



セバン湖から少し

離れた所にあり~

インターネットも

繋がらないそうです。






            15)ジョージアとの国境近くでランチ~
















16)ランチ~メインはアラベリラバシュ=巻いて食べる~





      
17)アルメリアに入国した時から気になっていた銅工場~















 ヴァナゾルは、1988年のアルメリア地震で被害に遭い工場等が破壊された街

  ロリ地方の中心で都市首都エレバンから北に128km、標高は1425mで、

 パンバク川にタンツト川とヴァナゾル川が合流する付近の谷間に築かれている。

       アルメニアの北部にある都市同国第三の規模を誇ります。
       
      ここから少し北上してアルメリアとジョージアとの国境です。

                18)ジョージア側の国境 

ジョージア側が渋滞

バスがアルメリア側へ

入れずトランクを

引き摺って出国手続き

川を渡ってジョージア

入国手続きでした~


           

19)ジョージアに入ると街並みが変わりますネ~
















          20)ジョージア・トリビシ発21時05分 Departure




カタール航空にて

ドーハへ









21)トリビシ空港~陽が沈むのが遅く~20時09分















              22)雨上がりトリビシ空港での夕陽~
















23)機内から~            24)












         ジョージア・トリビシからカタール・ドーハ着01時20分

           ジョージアからカタールは時差1時間あります。

               約5時間05分のFLIGHT~

               途中で8日目(6月20日)


   25)ドーハ上空眠らない街~
















             26)ドーハ  20日02時45分 Departure





ドーハから成田まで

約10時間のFLIGHT








27)少し眠って~
















           28)外を見ると~ヒマラヤ山脈が見えてきました~
















29)雲を突き破って~8000m級の山々















             30)綺麗ですね~















31)まさか見られるとは思わなかったので~大興奮です~
















             32)素晴らしい景色に見惚れました~
















33)MAPを見ていると・・・富士山です~
 帰路のシートは正解でした~



34)この日、成田は曇り空で~雲の中へ降下してますね~
















           35)天使の梯子~
















36)もう~雲の下です~
















37)僅かに雲が染まって~18時25分無事成田国際空港到着です~

                  画像は全て右下クリックで拡大します~
                  撮影  2016年6月19~20日

          今回も何事もなく~無事帰国する事が出来ました~

         その国へ行ってみないと理解出来ない事が沢山ありますね~

        大陸で隣接する国々と協調して争いの無い世界を願っています。

       皆様には長い事、拙い旅ブログをお付き合い頂き感謝です~
  

  
                                  リコメはご訪問に替えさせて頂きますので~
      宜しくお願いします~
  
  ランキングに参加中です。
  ポチッと押してくれると嬉しいです~
 
 
 



スポンサーサイト




コーカサス地方・3カ国~10(アルメリア)

         リオオリンピックで卓球女子団体で銅メダル獲得~

   バドミントンで日本人同士の対戦で奥原対山口になってしまい残念です~

      山口選手も善戦でしたが~奥原選手が4強に進出ですね~




       コーカサス地方3カ国の旅も最終国アルメリアです~

   もう少しですので~片目でサラッとお付き合い頂ければ嬉しいですね~


             6日目の午後(6月18日)

  ランチを挟んで午後は「ガルニ神殿」「ゲガルト洞窟修道院」へ行きます~

       アルメニア中部の町ガルニにある 遺跡「ガルニ神殿」は、

      首都エレバンの南東約30kmに位置、アワヌと云う峠を進み、

   アザト川の自然を眺めながら~標高1400m「ガルニ神殿」があります。

  
1)入り口



 紀元前3世紀に要塞が築かれたガルニ神殿




 覆い茂った木はサクランボの木です~
                 












 3)紀元1世紀にアルメニア王ミトリダテスの離宮が置かれた所です。
















       4)17世紀の地震で倒壊したのち、1970年代に再建されました。
















5)神殿内では郷愁のある笛の音色が響いて~







 6)コタイク地方. アルメニアの中で唯一
   他国と国境を接していない地方です。











                                     

   7)キリスト教 以前の唯一の遺跡で、イラン文明の名残とされるガルニ神殿



 神殿を含む建築物は

  三角形の高台に

  建っています。








  神殿の横には、かって避暑用の夏の宮殿があり、教会も建てられていました。

 8)現在は基礎部分のみが発掘されています。















             9)サウナ風呂だそうです。















10)神殿は「太陽の神殿」と呼ばれ、
   異教の神である太陽神「ミトラ(ミトラス)」に捧げられたものです。















            11)サクランボが沢山実っていました~



サクランボを採って

食べている人も

いました~








12)アルメリア美人~
        薔薇も沢山咲いています~


























      ガルニ神殿から~6キロ離れた場所にあるゲガルド洞窟修道院

         2000年、ユネスコ世界遺産に登録されています。

    13)標高1700mアザート渓谷の所にあるゲガルド洞窟修道院



14)13世紀に建造されたゲガルト修道院  洞窟を抜いて建てられた修道院です。























15)アルメリアの建築家と石工が岩を掘り抜いての建築















            16)石の国アルメリアを象徴する様な景観です。















17)修道院は聳え立つ崖に囲まれ、アザート渓谷の入口に位置しています。
















 18)強さの象徴「ライオン」のレリーフ











      19)日時計












20)沢山のハチュカル(十字架石)


 1215年から1283年にかけて建造された

     中央聖堂の中は暗く~

  21)天井からの明かり取り














  


 イスラム建築のムカルナスの影響の

   鍾乳石装飾が施されいる



22)薄暗い修道院内部は神秘的。奥に祭壇が置かれています。
















             23)正面祭壇 カーテンが開いています。















24)ゲガルトは「」の意で、キリストの磔刑(たっけい)に使われたという
槍がこの地で発見されたことに由来する。 25)ハチュカル(十字架石)























    修道院内に聖水があり~体調の悪い所を治癒してくれるそうです~

          撮りましたが・・・暗くてイマイチ~


26)壁面には装飾などはありません   27)アルメリア美人の現地ガイド
























  アルメリアの現地ガイドさんは23歳です。結婚して生後1ヶ月の赤ちゃんを

        親に預けてのお仕事で~彼女も日本留学の経験があり~

          日本語が堪能で視聴覚者の教師でもあります。

28)出口

   日本で林檎が高くてびっくりしたと

      言っていました~
因みに
サクランボ1k=200ドラム(約40円)
牛肉1kg=2000ドラム(約400円)

29)この修道院の特徴は岩山を彫り抜いて~













30)外から見ると一見普通の石造りの修道院ですが、
   修道院は岩場に張り付く形で作られており、洞窟寺院の様です。




      31)首都エレバンへ戻り~丘を利用して「カスケード

           (カスケードとは傾斜地などの階段状)

      アルメニア共和国の首都エレバンにカスケードのある公園

          ソビエト・アルメニア成立50周年記念碑と

   連なる階段状のモニュメントで、下から見ると丘の斜面を利用しています。 

        32)いろいろなモニュメントが面白いです~
























33)現存する世界最古の街の一つ~石を使った建築が多く~





モニュメントを

沢山撮りましたが・・







   34)「石の街」とも呼ばれ2800年前のエレブニ城塞の建築まで遡る




画像50枚しか

アップ出来ないので

残りはボツです~







35)広場の水飲み場「七つの泉」などは、淡灰色の玄武岩です。

  この中もオブジェが沢山ありましたが・・・枚数オーバーでボツに~
 
     

36)実際は紀元前8世紀頃まで遡ると云われています。




   歩いてレストランへ向かう途中

  写真を撮っているので~私も撮った~















37)夕食のレストラン~



    ここでも生ビールがあります~


















         38)アルメリアでの食事は豪華です~
チーズ、焼きナス、スープ、生野菜、葡萄の葉包み、クルミ入りケーキなど~


           アルメリアの食事は美味しいです~



     39)アルメリア民謡ショーを聴きながらアルメリア最後の夜



40)食事が済み~共和国広場がライトアップされています~



                                                                     

          41)沢山の人達が広場に集い~



       42)日没が遅いので~楽しんでいました~



            画像は全て右クリックで拡大します~

          画像が多くなってしまいましたが・・・

          最後まで見て下さり~有り難う御座います~

         次回最終章になりますので~今回もコメ閉じです~



                                  リコメはご訪問に替えさせて頂きますので~
      宜しくお願いします~
  
  ランキングに参加中です。
  ポチッと押してくれると嬉しいです~
 
 
 




コーカサス地方・3カ国~9(アルメリア)

        花に追われ~疎かになっている旅の続きです~

    アゼルバイジャン・ジョージア・そして最後のアルメリアに連泊です。

       通称アルメニアは南コーカサスに位置する共和制国家

    国土=29,800km2 福島県と岩手県を合わせたくらいの 大きさです。

       人口は約3,10万人で、茨城県より少し多いくらいの規模

            東ヨーロッパに含められる事もあり、

       首都エレバンで、黒海とカスピ海の間にある内陸国です。

      古くから東西・南北交通の要衝であった為、多数の民族が往来し、

      交易で繁栄と共に度重なる異民族の侵入による複雑な歴史の中で、

   4世紀初、ローマ帝国下、未だに多くのキリスト教徒が迫害を受けていた頃、

       アルメニアは世界で初めてキリスト教を国教に定めました。


             6日目(6月18日)

1)ホテルの部屋から少し朝焼け~
















            2)メトロポール・ホテル




ノスタルジックな

ホテル~









3)ホテルを8時00分に出発~ボルヴィラップ修道院へ向かいます~



エレバンから

約1時間

(約80km)








            4)ボルヴィラップ修道院



ノアの方舟で有名な

美しいアララト山を

望む修道院です。








5)入り口~              6)ハチュカル(十字架石)
























7)ボルヴィラップ修道院はアルメニア使徒教会に最も重要な聖域の一つです。



ボルヴィラとは

大きい穴又は

深い穴の意味








           8)雄大なアララト山を望むホルヴィラップ修道院




現在トルコ領にある

アララト山

山頂が雲に隠れて

現在はトルコ側から

登れる。



9)トルコ側の国境見張り台


アルメリアとトルコの

国境は封鎖されている

トルコの虐殺があり

ロシアの軍隊が

アルメリアを

守っている。



10)アルメニア東南部、トルコ国境に近く~バラ線が張って有りました~




 ボルヴィラから

 トルコ国境まで

直線距離で100m







11)ノアの方舟が止まったアララト山  12)その歴史は4世紀にまで遡り、
























13)明かりを取り入れて~



   当時アルメニアでキリスト教を

    布教していた聖グリゴールは
   
 14)















15)異教徒だったトゥルダット3世に
   捕らえられ~









 
聖グリゴールが幽閉されていたと言われる

     地下牢も残っています。 


  13年もの間捕われていた場所として

       知られています。


 

                       17)地下牢~小さな部屋



16)地下へ降りる垂直の梯子


















18)その後重い病気に罹ったトゥルダット3世は、妹の忠告に従い、

       聖グリゴールを解放。彼によって病を癒され、

      キリスト教徒に改宗したという伝説があります。
















        アルメニア王ティリダテス3世がこれに屈し、

    301年にキリスト教がアルメニアの国教として定められました。

   又、カルタゴの将軍がここで晩年を過ごしたという伝説も残されています。

19)現在のボルヴィラック修道院は、17世紀に建立です。



ホルヴィラップ修道院を後に~エチミアジン大聖堂へ向かう途中に~

20)コウノトリの巣が沢山有りました~




ここでも~

バスを止めてくれて









             21)ちょうど子育て中の様です~




想定外の

撮影タイムでした~









   22)エチミアジン大聖堂  首都エレバンの西20kmに位置し

      アルメリアで最初の教会、アルメリア正教の総本山です。


エチミアジン大聖堂は世界最古の教会で、街の歴史の中心地でもあります。


23) ハチュカル(十字架石)    24)玄武岩を使って美しいです~























 啓蒙者 グレゴリオスに依って301年~303年にかけてアーチ型の物が建てられた

25)エチミアジンと云う名は「神が君臨した場所」と云う意味。



26)                 27)
























28)素晴らしい祭壇           29)
























30)聖人が並んでいます~


見学するのに~

確か~時計回りです。











               31)蝋燭を1本ずつ立てて~
















32)別料金で(1000ドラム=約200円)~宝物館

















33)「ノアの箱舟」の破片       34)イエスの脇腹を刺したという槍
























35)                 36)
























37)合歓の木の花が満開でした~
















     38)エチミアジン大聖堂はユネスコの世界遺産に登録されています。




ピンクの玄武岩を

使用してます。









39)観光途中でランチへ~















            40)自然豊かなロッジ風な所です。















41)パンを石窯みたいな窯で焼いています~















            42)洞窟の様な所です~















43)生野菜、ジャガ芋入りスープ、メイン=大きな鱒の様な魚

44)デザートのサクランボはすぐ傍に沢山生っています~















                                                              


アルメリア美人が接待してくれました~



45)












          昨日はリオオリンピックで体操男子団体

       アテネオリンピック以来12年ぶりの金メダルを獲得~



          体操女子団体も頑張って4位に入賞ですね。

  お家芸の柔道で金メダルが難しい中~73k級で大野将平選手が金メダル~

 テニスの錦織選手も苦しみながらもストレート勝ちで3回戦進出を決めました~

             テレビ観戦で~応援しています~

    写真が多くなりましたが~最後まで見て下さり有り難う御座います~

                 コメ閉じです~



                                 リコメはご訪問に替えさせて頂きますので~
      宜しくお願いします~
  
  ランキングに参加中です。
  ポチッと押してくれると嬉しいです~
 
 
 





コーカサス地方・3カ国~8(アルメリア)
    昨日は雷雨
だったり急に晴れたり
又、雨が降ったりでしたが~

   今日は雨も朝の内で上がりましたが・・・湿度が高くムシムシです~



  アゼルバイジャン・ジョージアの国を少しは楽しんで頂けましたでしょうか~

       最終国アルメリア~今までとは国の違いを感じながらの旅です。

         例の如く~サラッとお付き合い頂ければ嬉しいです~


              5日目の午後(6月17日)

  前回、バスを降りて歩いてジョージアとアルメリアの国境越えでしたね~



  アルメリアで「百万本のバラ」を聴きながら豪華なランチを楽しみ~




  首都エレバンまでは山間を潜り抜ける様に約4時間30分のバス移動です~

       エレバンへ向かう途中(約1時間40分)山間に建つ

        世界遺産「ハフパット修道院」へ向かいます~

       ジョージア(グルジア)との国境に近いアルメニア北部

       アルメニア・ロリ地方の村、ハフパットにある修道院、
       
        1996年に、UNESCOの世界遺産に登録された。  

         967~991年にかけて建てられました。


  1)入り口は小さめです。        2)主聖堂(聖ニシャン聖堂)























 キリスト教を国教とした世界最古の国として知られるアルメリアの教会の中でも

        アルメリア史上最も美しく壮麗と云われています。

3)ハフ=強い パット=壁       4)強い壁と云われ要塞の様です























5)ハフパット修道院は「ハフパットの聖十字架」とも呼ばれる修道院です。



石造りなので

中に入ると霊気を

感じる様に冷っと・・

下を見ると・・・

床は墓石
 




            6)異教徒からキリスト教を守った修道院です。
















7)修道院は増築等で非常に複雑な造りです。  8)石組みのドームが美しい
























 9)ハチュカル(十字架石)       10)西を向いてあり文字もいろいろ























最上部中央には神が、左右には2人づつの天使がいて、
磔になったキリストの上部には左に太陽、右に月が彫られています。

キリストの下には聖母マリアとキリストを十字架から下した人が描かれ、
その左右には十二使徒が彫られています。

11)装飾で非常に美しいです。

ハチュカルは教会内に

数多くあり、上の

ハチュカルや左横の

ハチュカルに描かれ

た複雑な模様は

ケルティック織り

言います。


           12)床に幾つもの穴があり~ここは図書館だそうです。


床に開いた丸い穴は
甕(カメ)に書物を
入れて隠した場所。


アルメニアは9世紀に
独立を果たした後も、
ビザンティンや
セルジュクからの
侵略を受けました。



       異教徒から守るために書物を床下に隠したそうです。

  この図書館自体、表からは屋根しか見えない構造になっているとの事です。


13)名の通り玄武岩で出来た壁を持ち、重厚な印象を受けますね~

















14)ポピーが咲いて~        15)13世紀に造られた~鐘楼 
























16)991年に創建され~最盛期には500人の学僧が学んだとされています。





今回トイレは何処でも

有料です。

ここでも100ドラム

約20円です。



        アルメリアの通貨は1ドラム=約0,20円

      トイレの近くにお婆さんがいるので彼女にお金を渡します。

    彼女が1000ウォン(韓国紙幣=約95円)を出して両替してと・・・

      トイレの微々たる金額をアルメリアで使えない紙幣を出すとは~

   韓国人は海外でも国民性を疑いたくなります~
モラルが無いですね~

       「私は日本人です」と云うとガッカリして~お気の毒です~

        こんな些細な金額でも彼女には大事な生活費です~

         ウォンは受け取らず~ドラムを置いてきました。


          17)煙が上がって~何かな~
  銅工場との事です。

















18)アルメニアは国土の9割が海抜1000mから3000mの高地という山国




1割が盆地

一番大きい盆地は

アララト盆地です。






           19)いろいろな花が沢山咲いています~















20)高原のお花畑です~








ガイドさんが

ドライバーさんに

お願いして~



           21)ドライバーさんがバスを止めてくれました~















22)想定外の写真タイムでした~















             23)石造りの古い橋~
















24)エレバンまで~まだ~約2時間位掛かるので~トイレ休憩です。



ガソリンスタンドの

横に日本のコンビニ程

品数もありませんが

飲料水、菓子等を

売っています。



           25)アルメリアでお世話になったバス~


電光掲示板もあり~

このスタンドは

出来たばかりの様です

なぜなら~こんなに

綺麗なスタンドは

ここくらいです。



26)アルメリア側は小コーカサス山脈が見えます。 


北部を通る山脈で、

カピジク山

(3,904m)が最高峰

雪山が綺麗ですね~






      やや南にあるアラガツ山(4,090m)やアララト山(5,165m)

          小コーカサス山脈に含める事もあるそうです。


          27)夕方放牧が終わり~道路を横切る牛や羊たち~



牛や羊が道路を

通り終えるのを

待ちます~


長閑な光景に

和みますね~





28)首都エレバンに入ってきました。



夕陽












            29)日が落ちるのが遅く~20時23分頃

バスの移動中に

現地ガイドさんが~

アルメリア人は

日本人が好きです。

アルメリアの女性は

日本の男性と

結婚したいそうです。

       アルメリアの女性も日本女性に憧れているそうです。

      そう言えば~アルメリア人から「日本人~
」と聞かれたり~

      「写真を一緒に撮りたい」と云われ一緒に撮ったり~

   スーパーでも「日本人ですか~何歳ですか~
」と訪ねられました~



30)メトロポール・ホテルに到着です。







部屋の鍵を貰い~

荷物を置いて






            31)ホテルで食事です。
















32)パン、スープ、生野菜、チーズ、ハム、メインはチキングリルとナス添え



33)移動時間が長くて疲れました~




 ライトアップが

  綺麗です~









             34)F3の部屋から道路を走る車~
















35)広い部屋で~バスタブ付きで良かった~







ここも連泊です~







          画像は全て右クリックで拡大します~

      あれもこれもと・・・写真が多くなってしまいましたが・・・


           最後まで見て下さり~有り難う御座います~

        まだ~もう少し続くので~お付き合い戴けると嬉しいです~

                 コメ閉じです~




                                 リコメはご訪問に替えさせて頂きますので~
      宜しくお願いします~
  
  ランキングに参加中です。
  ポチッと押してくれると嬉しいです~
 
 
 





コーカサス地方・3カ国~7(ジョージア~アルメリア)
            昨夜までの雨も上がり~曇り空ですが・・・

            梅雨明けは木曜日頃になりそうですね。

       物忘れが段々酷く~昨日の事も定かで無くなって来ているので~

          旅行の記事を早くアップしないと・・・です~

         独断と偏見の旅ブログです。旅の記録として残すので~

            見飽きた方はスルーして構いません~


                5日目(6月17日)

       ホテルを8時出発、ジョージアの首都トビリシ市内観光です。

        ジョージア国土=日本の5分の1  人口=約430万人

          産業=農業、食品加工業、鉱業(マンガン等)


1)国会議事堂               2)自由広場(バラ革命の舞台)















 ジョージアの教育は、小・中は義務教育、

    国立は無料、私立は有料

    17歳で入隊ですが~

  大学へ進学すると入隊免除になるが~

  軍隊に入らないと仕事が無いそうです。


2)ルスタヴェリ通り
  トビリシの中心の大通り。19世紀の初めにつくられ、
  市庁舎や国会、オペラハウスなどがルスタヴェリ通り沿いにあります。

















             3)正面に見えるのはツミンダ・サメバ大聖堂




石油や天然ガスは

アゼルバイジャンから

輸入です。

ガソリン1L=$1

 天然ガス=$0,5

                           
4)花屋さんが沢山並んでいます~

















              5)リケ公園 歩行者用の「平和橋」が見えます。
















6)メテヒ教会
  ムトゥクヴァリ川の辺りにあり丘の上にある教会。
  5世紀に建てられ、周囲の要塞はシルクロードのキャラバン隊を守る要塞  




帝政ロシア時代には

監獄となり、

文豪ゴーリキーも

ここに幽閉されて

いました。




7)丘の上に見えるのはナリカラ要塞
  トビリシの街ができる前に築かれた要塞です。
旧市街を見下ろす高台にあり、4~5世紀ごろから砦として活用されていました。















     19世紀初頭に火薬庫が爆発し、多くの建物が失われましたが、
          今も教会が建てられて人々が集います。


8)ジョージア(グルジア)母の像     9)ワフタング・ゴルガサリ王の像


町のシンボル、右手に剣、左手にワイン
敵には剣で戦い、友にはワインの杯で迎えるという精神を表しています。


10)トビリシ市を流れるムトゥクヴァリ川に掛かる「平和橋















          トビリシ旧市街を散策です~



トビリシにはグルジア正教の教会アルメニア正教の教会ユダヤ教のシナゴーグ

    イスラム教寺院カトリックの教会などがあり、然程大きくない町で

     これほど様々な民族が居住している町は世界でも少ないとの事です。

           11)アメリカノウゼンカズラ




 ノウゼンカズラ科

 ノウゼンカズラ属









12)旧市街からもナリカラ要塞が見えます。



13)赤いレンガ造りの建物シナゴーグ(ユダヤ教会)
   ミサの最中で中には入れませんでした。








14)紀元前7世紀出土した「ワインを飲む人の像」は、ワイン発祥の地の
   ジョージアらしい像となっています。     これはレプリカです~




15)地下へ降りて行くと~香ばしい香りがしてきます~





大きな窯でパンを

焼いています~


ナンを焼く時と

同じ様ですね~





              16)現地ガイドさんが買ってくれました~




出来たての

アツアツ~パンを

皆で食べました~


美味しかった~








17)シオニ教会            18)お花を持って教会でしょうか~



19)ジョージア(グルジア)正教の総本山で創建は6世紀。  



何度かの再建を重ねて、

現在の建物は13世紀ごろに造られました。


  20)夾竹桃(キョウチクトウ)













20)シオニの名はエルサレムのシオニ山からとられています。 21)入り口






















22)教会の内部には、ジョージア(グルジア)にキリスト教を伝えた
   聖ニノの十字架が納められています(陳列されているのはレプリカ)



23)数多くのイコンが壮観で、1日中信者の姿が絶えません~




24)シオニ教会  



              25)トビリシ市内観光が終わり~
















26)ジョージアの首都トビリシからアルメニアの首都エレバンへ向かいます~

















             27)移動時間約1時間(約90km)
















 ジョージアとアルメリアの国境は撮影禁止と云われ写真が撮れなかったです~

      トランクはバスがアルメリアの国境まで運んでくれます。

       私達はバスを降りで~歩いて橋を渡り~国境越えです

    アルメリアのVISAが必要で~前もって用意してあるので添乗員から

      各自受け取り高速道路の料金所の様な所へ並んで出入国です。

ジョージアからアルメニアへ

        ここからアルメリア側の現地ガイドさんが待っています。

         ジョージアからのバスからトランクを受け取り~

       アルメリアのバスの所まで(10m位)持って行きます。

28)無事通過出来て、ホッとして~アルメリアの首都エレバンへ向かいます~

















道路に牛の歓迎です

















           29)国が変わると~道路やバスも変わってきます。















    アルメニア共和国は、黒海の南部、カスピ海の西部に位置する

  アルメニア高地の最東端にあり、面積はこの高地全体の一割に過ぎない。


30)国土の90%が山(1000~3000m)10%が盆地




               31)途中でランチ~

















                                                               

                                                              
32)小高い山にあるレストランでBBQ

           











                 33)

         ランチが豪華でビックリ~









34)アルメリアは美人が多いそうです~


                          35) 現地ガイド=アルピネさん                        コニャックの飲み方の説明です~

























36)「百万本のバラ」を演奏して~歌ってくれました~






37)日本人はどんな曲が喜ばれるか~前以て聞いていたそうです~


                 画像は右クリックで拡大します~

         アルメリアで最初の最高の「おもてなし」でした~


       画像が多くなり~最後まで見て下さり~有り難う御座います~

               コメ閉じにさせて頂きます~



           リコメはご訪問に替えさせて頂きますので~
      宜しくお願いします~
  
  ランキングに参加中です。
  ポチッと押してくれると嬉しいです~
 
 
 



Copyright © 四季の風. all rights reserved.