FC2ブログ
四季を通して花・風景そして富士山を撮っています。 ドライブ・旅行も好きなので海外・国内旅行などを 楽しんで頂ければ嬉しいです。

ギリシャ~12(アテネ~ドーハ~成田)

ギリシャ記事も最終章になります。

前回、ギリシャ最後の観光地スニオン岬、シンタグマ広場でした。


7日目(4月9日)


 シンタグマ広場を15:55発~アテネ国際空港へ向かいます。無題~5a

アテネ国際空港が見えてきました。

無題~5b

アテネ国際空港(エレフテリオス・ヴェニゼロス国際空港)16:50着

無題~6

アテネ発18:48発~カタール航空でドーハへ~


無題~6bアテネ国際空港を上空から~

無題~7

翼の間から~エーゲ海

無題~7a

夕焼けに少し染まった「神々の宿る国」ギリシャとお別れ~

無題~7b

ギリシャは思い描いていた国とは違って訪問して良かったです。

無題~8

豊富なオイルマネーで所得税が掛からない「世界で最も裕福な国」

無題~8a

上空からも綺麗ですね~(^^♪ ドーハ着22:55  transit

無題~8b

ドーハ・ ハマド国際空港 8日目(4月10日)ドーハ発02:10

無題~8c

ドーハからはシートが最悪の真ん中~(-_-;) 約10時間30分のflight

無題~9

満席で窮屈な飛行時間も無事に19:45成田着

無題~9b

拙い旅ブログを最後までお付き合い頂き~

有り難う御座います。


撮影 2019年4月9~10日

場所 ギリシャ~ドーハ経由~成田国際空港



スポンサーサイト




ギリシャ~11(アテネ)

ギリシャ記事もラス前になります。

前回最終日8時25分着アクロポリスの丘(見学時間1時間25分)


9時50分アクロポリスからシンタグマ広場へ~10時10分着

シンタグマ広場で自由行動と(OP)スニオン岬と別れます。


7日目(4月9日)


 改めて来る事も出来ないのでオプション参加で、

 スニオン岬へ向かいます。

 最終日は良いお天気に~エーゲ海  

無題~1

シンタグマ広場から約1時間10分~

紺碧の美しい海岸風景「アポロ・コースト」

無題~1b

キラキラ光る波~スニオン岬が見えてきました。

無題~1c


首都アテネから南南東へ約70km、スニオン岬は、

ギリシアのアッティカ半島の最南端にある岬


高台に聳える優美な神殿跡は「海の守護神ポセイドン」を祭ったもの。


無題~2

ゲートを入り~

無題~2a

海の守護神ポセイドンに捧げられた神殿が見えます。

無題~2b

ギリシア神話の「海の神」であるポセイドンの神殿

無題~2c

現在見られる15本の優美なドリス式の柱はこの当時の柱。

無題~2d

神殿は紀元前5世紀のペルシア戦争で崩壊したが、

のちのペリクレスによるアテネ再建計画の一環として再建。

無題~3

ヒョコヒョコ~歩いているのは~?

無題~3a

現地ガイドさんに聞いたら~ウズラだそうです~@@

無題~3b 無題~3c

ポセイドンの神殿から海岸線を走りランチレストランへ~13:05着

無題~4a

前菜・小エビの唐揚げ・メインは魚(グルッパ))カスタードアイス

無題~4b

ランチを済ませ~14:30アテネシンタグマ広場へ向かいます。

無題~4c

15・20アテネ・シンタグマ広場着、フリーの人たちと合流

無題~5


シンタグマ広場でブラッと歩き15:55アテネ国際空港へ向かいます。

写真が多くなったので~次回へ続きます。


撮影 2019年4月9日

場所 ギリシャ・スニオン岬






ギリシャ~10(アクロポリスの丘)

季節の花を追い掛けて~

ギリシャ記事が疎かになっています。


7日目(4月9日)


アテネのホテルF3の部屋から最後の朝

無題~1

  3日間宿泊した~ATHENS AVENUE HOTEL

無題~1a

ホテルを8:00出発~世界文化遺産アクロポリスの丘へ~

無題~2


ギリシア古代遺跡のハイライトは

アテネのアクロポリスです。

人類文明最大ともいえる遺産です。

アクロポリスはアテネ市街を見渡す海抜150m

平らで巨大な石灰岩の上にあり、3方が断崖絶壁に囲まれています。


唯一丘の上に導いてくれる参道があるのは西側の道を上って行きます。


 8:25アクロポリス着 

無題~2a

古代アテネ人が神々の住む場所として神殿を捧げた聖域であり、

地形的に都市国家を防衛する天然の要塞として、

その役割を果たしてきました。


  ゲート

無題~2b

 国旗掲揚が終えた兵士

無題~2c

ヘロドアティクス音楽堂

アクロポリスに入って高台から一番最初に見えます。

無題~3

アクロポリスとは「高い丘の上の都市」という意味。

無題~3a

各地に存在しているアテネのアクロポリスの代表格。

西側にある参道を上ってプーレの門をくぐった上にある


プロピュライア(前門


中央楼にドリア式の円柱が並び、

その左右にはイオニア式の柱が残されています。

無題~3b


アクロポリスの入り口

無題~3c


パルテノン神殿をはじめ

前門と両翼、アテナ・ニケ神殿と共に修復され、

パルテノン神殿の西側に残されている

古代建築物は、「エレクティオン」と呼ばれているものです。


少女像が柱になった「エレクティオン」

少女の玄関」と呼ばれる少女の彫刻が施された柱が印象的な神殿

かつてアテナの女神像が安置されていました。

無題~4


エレクティオンは、紀元前5世紀末に完成。

柱頭に渦巻き装飾が施された優雅なイオニア式建築の代表作。


かつては彩色されており、アテナの女神像が安置されていました。

神話上では、女神アテナ海神ポセイドン

アテネの守護神の座をかけて争った場所とされています。


エレクティオンでは、6人の少女像を柱にした柱廊が張り出しています。

玄関となる部分で、柱の最も細い部分は首。

玄関の屋根の重さを支えている少女の姿は痛々しく写ります。

無題~4a


 「パルテノン神殿」

パルテノンとは処女宮を意味し

処女神アテナに捧げられた神殿です。

無題~5

アクロポリスの中心に位置するのが、パルテノン神殿

ユネスコのシンボルマークに使われています。

無題~a


古代アテネの栄光を象徴する神殿です。

大理石で建造されており、神々しい威厳を感じます。

紀元前438年に完成したパルテノン神殿は、

ドリア式の石柱に囲まれており、美しくも雄大な姿を残しています。


アテネの守護神アテナを祀ったもので、

アテネ市内何処からもその姿を仰ぎ見る事が出来ます。

無題~5a

現在残る神殿はペルシャ戦争後に建設されたもので、

縦69m、横31m、柱の高さ10m。


古典時代のギリシア建築の傑作のひとつとして、

世界文化遺産に登録されています。


外側に並ぶのは46本の柱で、下部の直径が2m近くもあります。

無題~5b

 神殿全体、柱は正面が8本、横が17本


         三角の軒下に人や馬のレリーフ

無題~5c


リカベトスの丘に「アギオス・ゲオルギオス教会」が見えます。

無題~6


ゼウス神殿

ゼウス神殿またはオリュンピア=ゼウス神殿は、

ギリシャ、アテネのアクロポリスの東側にある神殿で、

オリュンポス十二神の中の最高神であるゼウスに捧げられた神殿。

無題~6b

オリンポス山のゼウスに捧げられた神殿の跡。

ハドリアヌスの門のすぐ後ろにある。

神殿 が完成したのはローマ皇帝ハドリアヌスの時代。

ゴート族の侵入により破壊され現在は15本の柱が残るだけ。

無題~6c

ドリア式は、柱に溝があるだけで装飾はないのですが、

イオニア式は柱頭に渦巻の装飾が施されています。

無題~7

 アクロポリスのプロピュライア(前門)パルテノン神殿

無題~7b

プロピュライア(前門)帰りルート

無題~8

アクロポリスの入口近くのアテナ・ニケ神殿

無題~8b

見学終わり帰るころ~次々に観光客が押し寄せてきます~@@

無題~9

  美人ちゃん~(^^♪               凄いブレイドヘア~(^_-)-☆

無題~9b


撮影 2019年4月9日

場所 ギリシャ・アテネ


この後、スニオン岬へ向かいます。




ギリシャ~9(エギナ島~アテネ)

ギリシャ旅行の記事が続きます。

6日目(4月8日)

前回ミニクルーズ3島巡りでイドラ島・ポロス島までアップでした。


ポロス島から1時間20分サロニコス湾の真ん中にある

ギリシャの主となったエギナ島

ミニクルーズ~最後の訪問地エギナ島です。


エギナ島のアフェ神殿が見えてきました。 滞在時間2時間


船内でオプションの説明があり時間が

ちょうどフェスタで夕方までお店が「Closed」なので

アフェ神殿まで観光しましょうと、


€ 28(約3640円)又は日本円4000円2時間も時間潰しは勿体無いので

ユーロの方が安いので€支払いでアフェ神殿へ行きます。

無題~4

 お天気が良ければフルーツや野菜を販売の生活舟

無題~4b

 アーモンドの花が咲いている坂道をバスで上って行きます。

「アフェア神殿」 

パルテノン神殿より50年前、アルカイック後期に作られました。

無題~4c

石灰岩で作られた神殿、ギリシャでも保存状態が良い遺跡。


建築の特徴はパルテノン神殿の様な輪切りを積み重ねたのでは無く、

大きな石灰岩を切り出して1本そのまま柱として使用


全32本中24本が残っています。

女神アフェア」が祀られています。ドリア様式の「古代神殿」です。

無題~4d

何処からともなく~野鳥の声が聞こえて周りを見回しながら~

歩いていると~この野鳥が綺麗な鳴き声で歓迎かな~♪

調べると「ズアオアトリ」らしいです~@@

無題~5

聖ネクタリオス修道院」「ギリシャ正教」の大聖堂

1961年に現代ギリシャ人として、 初めてギリシャ正教会に

聖人として認められた 聖ネクタリオスを祀る為に 建てられた修道院

無題~5b

エギナ島の名産はピスタッチオです~この木がピスタッチオの木です。

無題~5c

ピスタッチオ販売の美人ちゃん~♪

無題~5d

エギナ島を17時45分出港ピレウス港へ1時間半~

無題~6

 船内ショータイムです~♪

無題~6a


無題~6b

 楽しんでいる内に~ピレウス港が見えてきました。

無題~6c

下船して渋滞の中~バスで40分歩いて~

高台にアクロポリスが見えます~♪

無題~7

アクロポリスの夜景が見えるレストランで夕食

無題~7a

素敵なレストランですね~(^^♪

無題~7b

ビール・サラダ・大きな焼き魚ライス付き・デザートはケーキ

無題~7c

ライトアップされてきました。食事の途中で空がまだ青いうちに~

無題~8

 食事が済んで~外に出るとアクロポリスがライトアップされ~

無題~8a

   幽玄の世界~

無題~8b

 

無題~8c

 下に電車が来ました~(*^_^*)

無題~9a

撮影 2019年4月8日

場所 ギリシャ・エギナ島~アテネ


次回はこのアクロポリスへ行きます。




ギリシャ~8(ミニクルーズ)

気温が低いが湿度が高く梅雨に入りそうな空模様です。

ギリシャ旅行の続きです。


6日目(4月8日)


サロニコス湾イドラ島・ポロス島・エギナ島へミニクルーズ

ホテルを7時20分出発10分くらいでピレウス港到着。

一番遠いイドラ島からポロス島、エギナ島と島巡りです。


ピレウス港から乗船するアンナマル号結構大きいです

無題~1

音楽で迎えて~記念撮影もあり、2枚€ 5(約650円)です。

無題~1a

 出港8時01分、朝の内良かったお天気も曇り空

無題~1b

最初にイドラ島へ3時間15分のクルーズ~ウミネコも歓迎~♪

無題~1c


雨が降ってきて期待していた青い海のエーゲ海見られず~(-_-;)

無題~1d

イドラ島が見えてきました。

イドラという島の名前の由来は、

古代ここに泉があったので、その「水」の意味

無題~2

本降りの雨の中~道路は水捌けが悪く靴もビショビショ観光です(>_<)

カフェも閑散 滞在時間1時間半


島は自動車乗り入れ禁止となっており、

観光客は徒歩かロバに乗るかして島を回る。

無題~2a

          土砂降りの雨でロバも暇そう 15分€ 15(約1950円)

雨に濡れながら岬の方へ振り返ると「アンナマル号」が見えます。

無題~2b

今でも見張りが居るのかな~?  海岸沿いにお土産屋さんが並んで~

無題~2c

                 海に向かって大砲が~@@ 

          

傘を差していても濡れて寒いのに何処まで行くのか~? 

岬の外れまで歩くが美しいエーゲ海は何処にも無く~(-_-;)

イドラ島は多くの芸術家の卵が集まる「アーティスト島」とも云われ

アクセサリーや小物が沢山あり、

金細工のお店で旅の記念を見つけました。


他島に比べると白い岩石の島イドラ島からポロス島へ~

無題~2d

船に戻りランチバイキング お喋りしながら1時間20分のクルーズ

無題~3

ポロス島に到着、雨が降ったり止んだりの中~滞在時間45分


サロニコス湾1日クルーズで訪れる3島で一番小さなポロス島

この島はカラヴリアスフェリアの大小2つの島からできている。

島は時計台がシンボル、オリーブや松の緑が美しく、

白壁の家やオレンジ色の屋根の家が立ち並ぶ。

ポロスとはギリシア語で“狭い通路”の意味


無題~3a

細い路地を通り急な階段を上がると高台にある時計台へ~無題~3b

日本人観光客が多いのでしょう日本語表記

入り江に並んだ白い家~小さくて可愛いポロス島

無題~3c

リゾート地の様でクルーザーやヨットが多い  釣りをしていた人

無題~3d

撮影 2019年4月8日

場所 ギリシャ・イドラ島・ポロス島


画像が多くなりましたので~

次回へ続きます。






Copyright © 四季の風. all rights reserved.