FC2ブログ
四季を通して花・風景そして富士山を撮っています。 ドライブ・旅行も好きなので海外・国内旅行などを 楽しんで頂ければ嬉しいです。

モロッコ旅行記~9(最終章)
 
 今朝も寒かったですね~-3度でした。
 朝の内の雲も切れて良いお天気になりました。
 記憶の彼方に消えそうなモロッコがまだ少し残っています。

7日目(10月23日)
1)マラケシュのホテル~最終日の朝も良いお天気になりました。        
  2)ホテル内のプールに映し込みました。
  3)赤い壁が印象に残る~フロント・フロア~
4)ピンクノウゼンカズラ     5)ナツメヤシの実                

6)沢山いた鳥チェベプト    7)シメに似た野鳥            

8)黒白の目が可愛い野鳥~^^                                                 
      9)最後までお世話になったドライバーさんです~♪
                  
10)マラケシュからカサブランカ空港へ~(240km) 
   車窓からの景色~逆光でマラケシュの朝日~

        バスの中からなので映り込みがあり見難いですが~
              ご了承頂きたいです。 
11)マラケシュの朝~                      
12)出勤風景~
13)マラケシュの街が早朝と共に動き始めています~
 左側~バスのカーテン
イメージ 5
  バスは高速運転でスピードがあり            
15)中々看板が撮れず~ 
16)やっと撮れた時はカサブランカ近くでした。
17)高速を降りると~もう空港です~ゲート         

          18)本当は撮ってはいけない
    「CASABLANCA MOHAMMED」空港

     この空港まで初めから最後までモロッコの旅のお手伝いして、
         私たちを安全に送り届けてくれた~
      ドライバーさん、アシスタントさんに感謝です。
         全走行距離は1779kmでした@@
  
      19)この飛行機でエジプトへ向かいます。
         エジプトでTRANSITです。
   20)カサブランカからエジプトまで5時間10分のフライトです。
       時差は2時間です。
       21)機内でウトウトして外を見ると月が出ていました。
       22)エジプト・カイロ上空の夜景~ブレブレです。
       23)カイロ発23時10分発成田行き~
        フライト時間 約12時間10分の予定           
             10月24日
   24)8日目 
     機内食を食べては寝て映画を見てを繰り返している内に、
     日本の上空の様です。
25)下に見えるのは太平洋で房総半島ですね~夕焼けがキレイでした。
  26)やっぱり~日本の上空にくると嬉しいですね。
  27)何度か旋回して~成田空港が見えてきました。

    28)成田空港~
  29)機内からです。高度を上げたり下げたりで
  気分が悪くなるのを我慢して~勿論手持ちブレブレですが~
  夜景は中々撮れないので揺れる中~頑張って撮りました。

        成田着18時00分無事到着です~
            10月24日
 
楽しかったモロッコをどの位伝えられたかは分かりませんが・・・
 始めはそれ程期待をしていませんでしたが~

日程が進むに連れてモロッコの良さが判る様になり~
最後は日にちが短く感じられて~本当に観光では上辺しか見られず~
 もう少し奥深いモロッコを知りたくなりましたが・・

 まだ~行きたい国は沢山あるので~同じ国へは中々行かれません。
良かった思い出を大切に次へ思いを馳せています。

 10月17~24日のモロッコ旅行記を
最後まで拙いブログを見て頂き有り難う御座います。



スポンサーサイト




モロッコ旅行記~8(マラケシュ)
 
 今日は冬至ですね~柚子湯に入って~
 カボチャを食べて栄養補給しましょう

  カボチャは保存がきき、保存中の栄養素の損失が
 他の野菜に比べて少ないので冬至の時期の貴重な栄養源という事で
 カボチャを食べたとの事です。

 朝の内は晴れていましたが~曇ってきて寒いです。
 今の気温が8度です。

    モロッコ6日目(10月22日)
 1)マラケシュでランチの後、バヒア宮殿を見学です。

      バヒア宮殿は、モロッコのアルハンブラ宮殿とも言われ、
      広大な庭園を巡らし4人の妃と24人の側室の部屋を
            配した豪華な建物です。

2)オレンジが生っていますが~食べられないそうです。
 3)ここから入っています。             
4)アトラスシーダー材の細密画が見事です。

 大きな部屋は「会議室」天井の彫刻の色彩が素晴らしいです。
 
全て自然の物で色付けしてあり、 
赤(ヘンナ)緑(ランタナ)青(インディゴ)黄(サフラン)です。

 彩り鮮やかなタイルの床や壁に、アトラスシーダの細密画の天井、
見事な彫刻の柱や壁、イスラム芸術の粋を集めた「輝く宮殿」です。
5)                                   
6)額縁に見立てて~

 7)白い壁の回廊の奥に4つ妃部屋があります。

4人の妃がいて、第1から第4まで順序もあったそうです。
4つの部屋の中心にあるパティオです。女性たちが寛いだ場所
8)タイルが素晴らしいです~@@              
9)明り取りのステンドグラスちょうど反射して
10)天井にはアトラスシーダの彫刻
   アトラスシーダはヒマラヤスギ科に属する、
   アトラス山地を原産地とするです。
11)第3妃の名前がついた宮殿で、4人の妃、24人の側室
  500人以上の側室を持った王様もいたそうです~正にハーレム@@

     現国王も度々宿泊するそうですが~側室は居ないそうです。
  12)外へ出て~壁一面に絨毯~
  13)歩きながら~街の様子です~バイクに荷台~
14)薬草の店                          
15)衣料品~
 
16)この日は22日、10月26~29日のイスラム教の
   犠牲祭に供える羊が売られていきます~
17)                                 
18)手の形をしたドァノブ~
 
19)ボーリングのボールの様なのが~車道と歩道を分けています。
20)メディナの門 更に~向こうにも門があります。    
21)この門の外は新市街~
 
マラケシュは11世紀後半、ベルベル人による
最初 のイスラム王朝ムラービト朝がこの地を都と定めた

 王朝が発展すると共に商業都市として繁栄し、
アトラス山脈の麓にある丘陵地帯のエチゾチックな街で

交易、商工業や学問の中心として栄えた、
周囲20キロの城壁に囲まれた旧市街です。
 
       22)モロッコ第2の都市マラケシュにある、
  高さ69m、幅12,8mのミナレット(塔)12世紀に建造された。

     マラケシュのシンボル。4面それぞれに異なる装飾をもつ
        ムーア様式建築は究極の美しさといわれ、

       夜はライトアップされます。このミナレットは、
           セビリアのヒラルダの塔と並び、

         世界で最も美しいミナレットの一つとされている。

   23)夕方になったら街を一回りしますが~この馬車がいいな~

      世界無形遺産になっているジャマ・エル・フナ広場

   24)ジャマ・エル・フナ広場を一望する所でお茶のタイム
         上から見えるテントは全部屋台です。


 25)                                 
26) 屋台や大道芸人で賑わう広場~
 
27)夕刻のジャマ・エル・フナ広場~
飲食屋台から湯気が立ち上がり活気があります。

   28)夕方~馬車観光です~馬車に乗っての撮影でブレブレです。

           29)夕焼けに染まるクトゥビアの塔
30)馬車に乗りながらの撮影です~モロッコ最後の夕焼けがキレイ!

 モロッコ最後の訪問地マラケシュはとても活気がある元気な街でした。 
 もっと連泊して楽しみたい位楽しそうなマラケシュです。
 名残り惜しみながら~馬車に揺られ~マラケシュを堪能しました。
                                               撮影 2012年10月22日
 

 

モロッコ旅行記~7(ワルザザード~アイド・ベン・ハッドゥ~マラケシュ)
    モロッコ 6日目(10月22日)

  1)朝陽が射してきました。ワルザザードのホテル~
  2)エントランスが素敵です~♪
  3)ワルザザードから約3kmマラケシュへ向かう途中にある
    「アトラス・コーポレーション・スタジオ」
           スタジオで撮影された映画は 
      クンドゥン、アレキサンダー、グラディエーター、
     クレオパトラ、プリンス・オブ・ペルシャ等多数あります。 
 4)ワルザザードは今もロケ地として膨大な規模を誇ります。
   この中で沢山の映画が撮影されました。
      5)日本国際協力機構(JICA)とモロッコと協力して
          砂漠に水道を引いたと記してあります。
         水道だけでなく、JICAの協力でモロッコの
           インフラ整備も行われている様です。
      以前紹介した中国の協力で作った水道は使わなくなり今は、
               観光用に残っています。

       もう少し看板をキレイにしてくれると良いのですが~(-_-;)
  6)アイト・ベン・ハッドゥ(世界遺産)
  ワルザザードから西33㎞日干し煉瓦造りの「クサル(古い要塞)」

   アトラス山脈の南側に広陵とした大地の川沿いのオアシスには、
  肥沃な土地からアラブ人に追われたベルベル人達が、
  アラブ人や外敵などの侵攻から自分達を守るために
   築いたカスバ(要塞)やクサル(古い要塞)が今でも多く残されています。
   その代表的なクサルがこの「アイト・ベン・ハッドゥ」です。

 7)下を流れるのは「マレ川」全長1000m
8)橋を渡って上まで行きます。           
9)迷路の様な所を上っていきます。
クサル(古い要塞)の中の細い道は迷路の様で
村全体が一つののカスバ(要塞)に成っています。
 アイト・ベン・ハッドゥは映画のロケ地として利用され、
ここで撮影された映画の有名な作品は、
 「アラビアのロレンス」、「シェルタリング・スカイ」、
「ソドムとゴモラ」、「グラディエーター」、 「ナイルの宝石」、
 「ハムナプトラ 2」、2010年には「プリンス・オブ・ペルシャ/砂の時間」
 
10)今でも数家族がこの村に住んでいるそうです。
高い壁の見張り台兼穀物倉庫(ティグレムトとかアガディール)を造って、
厚い土壁は砦という様な構造でこの様な建物が
山の斜面に複雑に重なり合っています。    
11)雪化粧した~アトラス山脈
12)上から見下ろした風景
マレ川の所に撮影用に門がセットされたままでした。
13)悲しい目をしたロバ~                 
14)分厚い壁に巣を作る野鳥チェベプト~?
15)ユーカリの花                       
16)野菜を売っています。

写真を撮らせてもらうのに10DH(95円位)払いました。 
17)車窓から撮っているので見難いですが~川で洗濯をしていました。
  18)幾つもの小さな村を超えてバスは登っていきます。 

           これです~
   道路の傍に四角いコンクリートの様なモノが点在していますが・・ 
       走っているバスの中から中々~撮れない~💦
        これが日本の協力で出来た水道です。
      モロッコの国民は日本に感謝しているそうです。
 
 
 19)あの山の向こう側へ行きます。
 右側のポールは冬にここまで雪が積もる事を表しています。
 約150cm位だそうです。勿論~通行止めになります。
20)標高2,260mのティシュカ峠~リンゴを売っていました~
21)すれ違いがやっとで~少し広い所で待ちます~
   一歩間違えれば崖下へ転落です~><
22)やっと~平地に降りてきました。沢山の羊の売買がされています。
  10月26~29日のイスラム教の犠牲祭に供えるそうです。
  首を切り取って入口に置くそうです~@@
23)マラケシュに着きました。レストランの入り口    
24)室内が豪華です~@@
 
25)前菜の温野菜                        
26)三角の春巻きの様でした。
 
27)ケバブ料理~羊や鳥牛が串に刺して焼いてあります。      
 28)デザートはオレンジ~
29)店内は広くて素晴らしいです~♪

     ワルザザードからアトラス山脈のティシュカ峠を越えて~
            約213kmの移動でした。
         最後の観光地マラケシュに到着しました。
       まずはランチを頂いてマラケシュの街を観光しますが~
       いっぱいになってしまいましたので~続きは次回です。
                                                    撮影 2012年10月22日
 

モロッコ旅行記~6(トドラ渓谷~ワルザザード)

モロッコ5日目の午後(10月21日)


 前回のメルズーガ大砂丘その入り口のエルフードとお別れして

 カスバ街道を一路西へ向かいます。 

 メルズーガの近くの街、エルラシディアからティネリールを経て
 ワルザザードまで続く「カスバ街道」を行きます。
  カスバとは外敵から守る城壁に囲まれた要塞の事で~ 
  街道沿いにはカスバやオアシス、峡谷が点在してます。
 
1)途中砂漠の中に小山が点在しています~
  約1200年前の地下水道溝跡(カナート)です。
  小さな火山口のような小山に井戸のような穴が掘ってあって、
  地下でずっと繋がっているそうです。
2)テントの中から~カナートと呼ばれる井戸、水道
  中国の技術を導入した物だそうです。5m位下に水が流れていて、
  長いモノでは200km短いモノでも10kmも繋がっているそうです
訂正 今は砂で埋もれるので使用していません。
   こういうモノがあったという証しです。
  3)トイレ休憩を兼ねています。モロッコではトイレは殆どが有料です。
    1HD=9,5円位
   4)車窓からラクダの大群~
 5)ナツメヤシ~                          
 6)ナツメヤシの実
 
 7)何処までも続く土漠~                    
8)トドラ川で洗濯をしています。
 
カスバ街道の真ん中に あるティネリールというオアシスの街から
北へトドラ川を行くとトドラ渓谷です。
 
              9)トドラ渓谷
    切り立った岩~両端の崖で最高の高さの場所は160m幅は10m位
10)ここでランチです。                     
11)テラスの花はブーゲンビリア 
ランチはパン
温野菜
コフタと云って牛のひき肉団子の煮込み

 白いのは玉子です~美味しかった。
12)ブーゲンビリアがキレイでした。
13)トドラ渓谷の入口の反対側~
 
14)土漠の土が赤いですね~
   この辺のレンガが赤いのはこの土だからでしょうか~
 15)トドラ川沿いに広がるオアシス~樹木はアーモンドの木です。
        16)トドラ渓谷から184kmのワルザザード~
         ワルザザードは1920年代にフランス軍に依って
         サハラ砂漠の最前線基地として建設されたそうです。
           現在はモロッコ軍が駐屯しています。
旅に出る人たちの中継地点として、
映画の撮影場所としても有名「アラビアのロレンス」は
 ここで撮影されたそうです。
  17)カスバに夕陽が落ちて行きます。
 エルフードから走行距離、369kmのワルザザードです。 
  広大な砂漠や幾つものオアシスを超えて
  アトラス山脈の高い壁が地中海の温暖な空気を遮断して~
 
   はるか南にはサハラが迫り山と砂漠の狭間、
   この地域は北とは異なる風土が広がっていました。
     もう少しモロッコが続きますが~飽きた方はスルーして下さいね。
                                           撮影  2012年10月21日
 
 

モロッコ旅行記~5(エルフード~メルズーガ大砂丘)

        モロッコ5日目(10月21日)

   「モロッコの砂漠」と云っても実際は石や土、岩などが多く~
    乾燥した「不毛地帯」が殆どでこれを「土漠」と云うそうです。
         エルフードから60km行くとサハラ
    そしてアルジェリアの近くにメルズーガ大砂丘があります。

    エルフードは1917年フランスの駐屯地として造られた町、
          砂漠への入り口であると同時に~
   タフィラルト(ズィズ川一帯に広がるオアシス)の中心でもあります。 
  早朝4時15分、エルフードのホテルの前に4WDが並んでいます。
    まだ覚めぬ目を擦りながら~トヨタの4WDで出発です。
 
1)辺りは星空で見上げなくても首を左右に振るだけで満天の星空~と、
   云っても車窓からで星が1つしか写っていません~

   明けの明星が判るでしょうか~
(東の空に見える金星)(ランドクルーザーの中から手持ち撮影です~💦)
 
       そんな道なき道(ピステと云う)の砂漠の中を
         ランドクルーザーで走る事約60㎞~
        2)車が止まり、白々明けて来た闇の中を
         よく見るとラクダが並んでいました。

 
3)東の空が朝日に染まって来ました~
  4)ラクダに乗って~朝陽の見える場所へ移動する人達~
    ラクダは以前の旅行で2回乗っているので今回はパス~
    写真を撮りたいので歩きました~
  5)薄雲が多くて心配しましたが・・・砂丘に昇る朝陽です。
  6)ちょっと絞り過ぎかな~
  7)朝陽に照らされた砂丘が何処までも続いています~
  8)日当たりと影のコントラストが最高です~
   9)言葉はいらないですね~
10)一応絵になる景色~
  11)仕事を終えたラクダの餌にハトが群がってきました~
12)スズメみたいな小鳥                   
13)白黒でキレイな野鳥これしか撮れなかった。
14)ランクル殆どが日本製で一番良いそうです~
15)一稼ぎして帰るのかな~^^

16)イスラム教独特の黒衣姿の女性            
17)お洒落なジュラバを着ています~

モロッコではロバが貴重な労働力になっています。
悲しい目をして俯き加減に歩いているのを見ると~ 
「ドナドナ~」は子牛ですが・・・思いが重なります~
 18)ロバが引っ張っています。
  19)よく見る光景です。


アトラス山脈を越える時に赤い岩山を見ました。
 エルフードの家並みです。 赤い壁が続いています。
 
  20)メルズーガ大砂丘の入り口「エルフード」とお別れです~
 21)メルズーガ大砂丘へ行く時は、暗くて判らなかったが~
   ベルベル人のテント。

       砂に埋もれる美しいメルズーガ大砂丘を後にして~
        バスはトドラ渓谷へ185km走ります、
      早朝から観光でバスはちょうど良いお休みタイムです~
 
         今回砂漠は欠かせないので長くなりました~
          モロッコの旅は次回へ続きます。
        旅行の時は200mm1本で全てを撮ったので
            野鳥は追い駆けきれません~(-_-;)
 
 
 
Copyright © 四季の風. all rights reserved.